Apr 11

キーワードは「繋がり」。引き続きサロンをクローズします

今晩わ。皆様、家篭りの週末はいかがお過ごしですか。
私は午前中は窓ガラスの掃除をしました。お陰で二の腕のワークアウトにもなりました!

コロナの収束はいつになったら迎えられるのでしょうね。さすがに一生は続きませんよね。
では10年後?5年後?・・・それもないなきっと。
1年後?半年後?・・・それはあるかも・・・誰一人正確な収束日は知り得ません。でも収束の日は必ずきます。行きたい場所に行ける、会いたい人に会える日が来るのを早めるのか長引かせるのか、どのように収束を迎えるのかは一人ひとりの意識と行動次第ですよね。今となっては感染経路が不明の感染者が増えて、全員自分自身が感染していることを前提に行動しなくてはならない状況になってしまいました。心身の健康を保ちながら自粛を続けて、そして日本でも直面している医療崩壊を少しでも救えるよう全員でしばらく踏ん張らなくては!ですね。
当サロンも皆様に安心して来て頂ける日が来るまでクローズします。
一応5月6日までを目安としてますが、明確な日にちが決まりましたらまたご案内させてください。
それまで、皆様も元気でいてくださいね。

現在私たちはコロナに悩まされていますが、人々の動きや経済がスローダウンすることで大気汚染が改善したり、川に魚が戻ってきたり、コロナに負けず春は訪れ立派に桜が咲いたりと、自然界からのメッセージが日々そこかしこから伝わってきます。
不思議です。
皆様はこの現象に何を思いますか?

中国の武漢かどこかで始まった目に見えないウィルスはじわじわと勢いを増しながら全世界に広がりました。今、この厄介な対象と戦うことを世界各国、各人が共有する事で、繋がっています。
志村けんさんの笑いの力で沢山の日本人の心は繋がっていたことに気づかされました。
コロナウィルスだって何かの繋がりの結果生まれたわけだと・・・気づかされます。

今私たちは自粛することで時間を少し与えられ、関わる人との範囲も狭められ、人によっては自分だけの時間も増えたかもしれない。この機会に「どんな事、どんな想いを繋げていけば良いのか」を感じ、考えることはコロナ明けの人生にとって大切な事なのではないかと思います。

まずは一番強く繋がるべき今の自分を心の底から大切にすること。自分に感謝すること。家族を大切にして、感謝する事。身近な人々を大切にして感謝すること。御近所さんにも感謝する事。スーパーで働いてる方々に感謝すること、医療関係の方々に感謝すること・・・小さなウィルスが繋がり世界に広がったように、私達一人ひとりの感謝の想いがいつしか地球全体に繋がり、人との関わり方、自然との関わり方にもっと思いやりにあふれたものになるのだと信じたいです。

長いメッセージになりまして失礼しました。

とにかく皆様、
お風呂入れよ〜!
歯磨けよ〜!
顔洗えよ〜!
宿題やれよ〜!
風邪ひくなよ〜!

皆様と築いてきたいろんな意味の繋がりが途絶えることなく、また会える日をたのしみにしております〜